鈴鹿市 美容院 ヘアサロン カットハウスサロック

~世界の良い話~

~世界の良い話~
「近所のケーキ屋さん」 近所にメチャクチャ美味いケーキ屋がある。 美味いんだがちょっと高くて、 ケーキの名前がアルファベット、 値段がゴシックチックな両方飾り文字で読みにくい。  そのケーキ屋に、4~5歳くらいのちょっといない位の美少女が入って来た  大人の自分でも値段の解読にすら時間のかかる値札(ケーキの名前は未だに読めない)  その子も読めなかったみたいでケース前でウロウロした後店員さんに  美「けーきがほしいです。ろっぴゃくはちじゅうえんもってます。どれがかえますか」 って大きい声で聞いた。 ちなみに一番安いケーキで620円。選べる範囲は少ない。  店員さんが、どういうケーキが好き?とか誰と食べるの?って聞いたら  美「ママのおたんじょうび!ママにあげる!ママ、チョコレートがすきです!」 ちなみにチョコを使ったケーキは一番安い奴で800円。  店員さんはちょっと待ってねーと言って、奥に引っ込み、奥からクマが出て来た。  クマはこの店の店長でケーキを作ってる人。  熊「ママのおたんじょうびケーキ?」 美「はい!」 熊「おじさんが選んでいい?」 美「ろっぴゃくはちじゅうえんで買えるけーきがいいです」 熊「うん、わかった。じゃあこれにしよう。おじさんが頑張って作ったんだ、美味しいぞー」 美「おじさんけーきつくる人?」 熊「そうです。おじさんがけーきをつくる人です」 美「ママここのケーキ大好き。わたしも好きー」 熊「そうかあ」  熊が選んだのは960円のチョコナンタラ。  ママの名前も美少女から聞いて、 誕生日プレート(100円)と蝋燭1束つけて「ろっぴゃくはちじゅうえんです」  美少女がプリキュアの財布から十円玉とか五十円玉じゃらじゃら出して  美「ろっぴゃくはちじゅうえん、あるっておばあちゃんが言ってました。ありますか?」  熊は数える振りして(あったかどうかわからない)  熊「あるよ。お買い上げ、ありがとうございました」 美「けーきえらんでくれて、ありがとうございました。ママにあげます」 熊「気をつけて帰ってね。おうちは近く?」 美「近いよ。たーくんちを曲がってまっすぐです」 熊「そうかあ。また来てねえ」 美「おかね、たまったらくるー」  熊は笑ったら余計強面になる系の人なんだけど、一生懸命笑おうとして鬼瓦みたいな顔になってた。 でも美少女は全然怯まず驚きもせず、始終ニコニコ喋ってた。  少女のかわいさと、店長の不器用ながらも素敵な対応に癒されました。  同じく癒された方はぜひシェアしてください!
「近所のケーキ屋さん」
近所にメチャクチャ美味いケーキ屋がある。
美味いんだがちょっと高くて、
ケーキの名前がアルファベット、
値段がゴシックチックな両方飾り文字で読みにくい。

そのケーキ屋に、4~5歳くらいのちょっといない位の美少女が入って来た

大人の自分でも値段の解読にすら時間のかかる値札(ケーキの名前は未だに読めない)

その子も読めなかったみたいでケース前でウロウロした後店員さんに

美「けーきがほしいです。ろっぴゃくはちじゅうえんもってます。どれがかえますか」
って大きい声で聞いた。
ちなみに一番安いケーキで620円。選べる範囲は少ない。

店員さんが、どういうケーキが好き?とか誰と食べるの?って聞いたら

美「ママのおたんじょうび!ママにあげる!ママ、チョコレートがすきです!」
ちなみにチョコを使ったケーキは一番安い奴で800円。

店員さんはちょっと待ってねーと言って、奥に引っ込み、奥からクマが出て来た。

クマはこの店の店長でケーキを作ってる人。

熊「ママのおたんじょうびケーキ?」
美「はい!」
熊「おじさんが選んでいい?」
美「ろっぴゃくはちじゅうえんで買えるけーきがいいです」
熊「うん、わかった。じゃあこれにしよう。おじさんが頑張って作ったんだ、美味しいぞー」
美「おじさんけーきつくる人?」
熊「そうです。おじさんがけーきをつくる人です」
美「ママここのケーキ大好き。わたしも好きー」
熊「そうかあ」

熊が選んだのは960円のチョコナンタラ。

ママの名前も美少女から聞いて、
誕生日プレート(100円)と蝋燭1束つけて「ろっぴゃくはちじゅうえんです」

美少女がプリキュアの財布から十円玉とか五十円玉じゃらじゃら出して

美「ろっぴゃくはちじゅうえん、あるっておばあちゃんが言ってました。ありますか?」

熊は数える振りして(あったかどうかわからない)

熊「あるよ。お買い上げ、ありがとうございました」
美「けーきえらんでくれて、ありがとうございました。ママにあげます」
熊「気をつけて帰ってね。おうちは近く?」
美「近いよ。たーくんちを曲がってまっすぐです」
熊「そうかあ。また来てねえ」
美「おかね、たまったらくるー」

熊は笑ったら余計強面になる系の人なんだけど、一生懸命笑おうとして鬼瓦みたいな顔になってた。
でも美少女は全然怯まず驚きもせず、始終ニコニコ喋ってた。

少女のかわいさと、店長の不器用ながらも素敵な対応に癒されました。